ひとりごと
        
                     田中豊美氏の動物画について

            2005年7月8日。
            今、日本ではケモノを描く動物画家は少ない。
            更に、野生動物の生態画を描く画家となると、両手の指の数もいない。
            生態画にもいろいろある。動物の毛を一本一本鮮明に描く写真のような絵が
            ある。標本画としては良い絵だと思うが剥製の動物を見ているようで、その
            絵からは感動は伝わってこない。

            描かれている動物が生き生きして躍動感が伝わってくる生態画といえば、
            田中豊美氏の絵が第一にあげられる。
            田中氏は実際にフィ−ルドに出てスケッチをしている。その絵の中にいる動
            物からは、次はどのように動き出すのかと想像させられる。
            日本の大型動物、ヒグマ、ツキノワグマ、エゾシカ、ニホンジカ、ニホンカモシカ、
            イノシシ・・・。
            これらの動物を描く画家は田中豊美氏の後にはいないと言っても過言ではない。
            田中豊美氏曰く。「私は絶滅危惧種だ」

            今回、田中氏の作品が展示されている、東京国立近代美術館工芸館と市ヶ谷の
            山脇ギャラリ−を田中氏に案内していただいた。
            ヒグマの親子の作品が東京国立近代美術館工芸館に展示されていたが、
            撮影禁止のため紹介できないので山脇ギャラリ−での作品を紹介。 
                                                 

                                                                                                 
                                             
                                       
                田中豊美氏と作品
 

     
              
トップペ−ジ  自己紹介   お宝   おまけ   リンク      ご意見ご感想


 熊の巣穴