トップペ−ジ  自己紹介   お宝   おまけ   リンク      ご意見ご感想



 熊の巣穴
ひとりごと

    
                       ツキノワグマ「ク−」の冬眠
                       ヒグマのポンとポロの再会
                     


              街では成人式に向かう男女を見ながら、上野動物園のツキノワグマ「ク−」
              (メス、2歳10か月)が冬眠に入ったとの事で早速、上野動物園に様子を見に行った。
              私が「ク−」を初めて見たときは、体重が25キロぐらいだった。
              今、冬眠している「ク−」は68キロ、大きく成長したものだ。
              現在、「冬眠ブ−ス」で眠っている様子はモニタ−画面でしか公開していないが、
              冬眠ブ−ス内を直接観察できる「のぞき穴」は、ク−の様子を見ながら直接観察
              できるタイミングを調整しているとの事。
   


              

                      2007年12月10日では、体重72キロだった。

                


                              ・冬眠までの経緯

              2007年
              12月13日 餌を最大量(9kg)の約2/3に減らす
              12月16日 餌を最大量(9kg)の約1/2に減らす。午後、屋外展示場から
              室内展示室に移動(以降、室内で展示)
              12月18日 室内展示室と冬眠ブースの間にある「準備室」を1℃に設定。
              室内展示場と準備室の間のドアは閉め、準備室と冬眠ブースの間は自由に
              行き来できるようにし、クーを準備室に入れる。
              眠っている時間は約13時間20分
              12月19日 餌を最大量(9kg)の約1/5に減らす
              12月20日 初めて冬眠ブースで眠る
              12月22日 準備室をマイナス2℃に設定。眠っている時間は約16時間
              12月23日 絶食させる。準備室はマイナス3℃に設定
              12月26日 準備室をマイナス5℃に。冬眠ブースに入って眠る。眠っている
              時間は約18時間
              12月27日 前日からほぼ連続して眠り続けている。冬眠状態に入ったと思われる
   
                 ※ 都立動物園のメ−ルマガジン「ズ−・エクスプレス」
                             No357  2007年12月28日より。



                 ヒグマのポンとポロに1年8カ月ぶりに再会、その成長ぶりにビックリ                                       


                                       
      
                    2006年5月                   2008年1月
月28