ヒグマとつきあう  −ヒトとキムンカムイの関係学−


ヒグマの会30周年記念出版
ヒグマを隔離・駆除するのではなく、共生・共存できる道筋を探しつづけた
研究者、狩猟者、学生、ジャ−ナリスト、市民の30年の活動の成果と軌跡
                          本書、説明文より

本書の内容
◎ヒトとヒグマの関係史 間野勉、青木俊樹、木村盛武、米田一彦、斉藤禎男
◎ヒグマ研究の最前線 5つのフィ−ルド(天塩、大雪、道南、知床、浦幌)
                    ここまでわかった生態と行動(巻)
◎事件・事故・騒動を検証する 苫前「巨羆」事件、福岡大遭難事故
◎シンポジウム「ヒグマは北海道のシンボルになれるか?
◎講演 作家・谷村志穂「ヒグマについて思うこと」
◎ヒグマの会30年の歩み
◎ヒグマと私
◎要望提言集
◎ブックガイドほか


編集者 ヒグマの会  (30周年記念誌編集委員会)
発行者 田村 禎三郎
発行所 株式会社総北海
定価 1400円

本屋で購入できない場合は 下記に連絡をとってください。
販売   エコ・ネットワ−ク
〒060−0809 札幌市北区北9条西4丁目エルムビル8F
電話 011−737−7841 FAX 011−737−9606
E−mail eco@hokkai.or.jp


        

                             

    
     
                                                                                                              
トップペ−ジ  自己紹介   お宝   おまけ   リンク      ご意見ご感想


 熊の巣穴
ひとりごと