トップペ−ジ  自己紹介   お宝   おまけ   リンク      ご意見ご感想


 熊の巣穴
ひとりごと
         
     
                        
                           

          
        
           神奈川県で子グマ捕獲後放獣 これ良い事?

      イチジク畑に子グマが出没、市職員が山奥に放す/南足柄


      17日午前9時ごろ、南足柄市千津島のイチジク畑にツキノワグマ1頭が
      出没した。連絡を受けて駆けつけた市職員が取り押さえた。

      県自然環境保全課によると、捕獲されたのは、体長83・6センチ、
      体重13キロの雄の子グマで、生後10カ月程度とみられるという。
      今年県内で捕獲されたクマは7頭目。周辺では今月10日から目撃情報が
      相次いでいた。

      丹沢のツキノワグマは生息数が約30頭で絶滅の恐れがあるため、
      再び人里に出没しないよう、爆竹を鳴らした上で丹沢山地奥の
      鳥獣保護区内に放した。 


      上記のような記事があり、テレビでも放映されていました。
      この記事を読んで疑問を感じました。今年生まれの熊を放獣?。
      私の記憶が正しければこの冬、もう一度母親と冬眠穴に入るはずです。
:
      県の職員はその場にいたのでしょか・・・。
      この小さな熊が冬を越せるか心配です。