トップペ−ジ  自己紹介   お宝   おまけ   リンク      ご意見ご感想


 熊の巣穴

ひとりごと
         
     
                        
                           

          
        
                熊の糞から採取した種の苗木を植樹に

     丹沢自然保護協会主催、35回目の植樹活動が菩提峠で5月7日開催されました。

         (活動の趣旨)多様な生命を育む森の再生をはかるため市民ボランティアの力で、
         丹沢の環境保全を推進する。

         今回の参加者は60名程と少なく、ミズナラ・コナラ・クヌギ・
         ミヤマヤシャプシ・イロハモミジ・ウリハダカエデ・ヤマザクラなど
         800本を植樹しました。
         その中でヤマザクラ数十本の半数は、丹沢の熊を研究している団体が
         丹沢で生息する熊の糞から種を採取し、発芽させ育てた苗木でした。
         ヤマザクラが生長して熊の食べ物となる日が楽しみです。
         植樹当日、付近で子熊を目撃した登山者がいました。

             
            
                   
        
           中央の緑のリックが丹沢の熊の糞から種を採取し発芽させ育てた
           ヤマザクラの苗です。
                      
           
                   
      
            
                       
           
                  
          丹沢の熊の糞から採取した種を発芽させた苗 ヤマザクラを植樹